パソコン超初心者のためのウイルス対策

HOME>>>インターネット超初心者講座>>>ウイルス対策

ウイルス対策ソフトの必要性について

ウイルスとは

コンピュータウイルスとは、人のパソコンに勝手に入り込み様々な悪さをするプログラムのことです。人間が感染するウイルスとは異なり人により作られるプログラムです。
何故、そのような物を作るのかと言うと、制作者が自分の力(プログラミング能力)を誇示したかったり、金儲けのため、といった事が目的のようです。
その動作が人間に感染するウイルスに似ているため、「ウイルス」と呼ばれるようになりました。
どのように感染するのかと言うと、メール受信、ホームページの閲覧、USBメモリ等の外部のファイルなどに依ります。ホームページ閲覧といっても怪しげなものだけでなく、有名な会社のホームページでさえも「ガンブラーウイルス」というものにより内容を書き換えられ、それを閲覧した人に感染してしまうといった事例もあります。
ウイルスがどんな悪さをするのかというと、ウイルスメールを勝手に送信する、パソコンのハードディスクのデータを壊し動かなくする、膨大な同じようなメッセージを画面にさせる、パソコンの動作を不安定させる、パソコン内のデータをインターネット上に流出させる等の不具合を生じさせます。
ウイルス以外に注意すべきものには、スパイウェアというものがあります。スパイウェアはパソコンの中の個人情報を勝手に外部に送信したり、許可無く広告を表示させたり、勝手にソフトをダウンロードしインストールしたり、勝手にアダルトサイト等を表示したりするものです。
ウイルスとの相違は、ウイルスはその名の通り、繁殖能力があり、1台のパソコンが感染すると、次から次へ感染させる能力があるのに対してスパイウェアには繁殖能力はありません。
また、ウイルスやスパイウェアを総称して、マルウェアと呼びます。

インターネットのセキュリティとは

インターネットのセキュリティとは、ウイルス等の悪意を持つものから防御するという意味です。しかし、仮にパソコンがインターネットに繋がっておらず、外部からのデータやファイルを持ち込む事が無いのであれば、セキュリティは必要ありません。
パソコンにセキュリティが必要なのではなく、インターネットに繋がったパソコンにセキュリティが必要なのです。
インターネットでのセキュリティのために、まずするべきこと、意識するべきこと、とは、
・あやしげなメールは見ない−削除する。しかし、最近では悪質で知人を装った迷惑メールがあります。
・アダルト、賭け事等のホームページは見ない。掲示板などでのそのような文言のサイトも危険です。
・Windows Updateを行う。Windows Updateとは、最新のWindowsの状態に自動的にアップデートさせる機能で、Windowsには標準機能として備わっています。知らずの中に行われています。再起動が必要な場合があるので、指示が表示したら再起動して下さい。 そして、更に必須なのがセキュリティソフトです。

ウイルス対策について

セキュリティソフトは基本的には、パソコンに90日間期間限定等の試用品がインストールされている事が多いようです。つまり、90日間は安心な訳ですが、問題は試用期間が過ぎた後なのです。
そのまま、クレジットカードなどで延長させる事も出来ますし、あるいは、電気店等を好きな物を購入してインストール出来ます。但し、最初にインストールされていたのと異なるセキュリティソフトを購入した場合は、最初にインストールされていたセキュリティソフトを削除しなくてはなりません。
コントロールパネルにある「プログラムと機能」からセキュリティソフトをクリックして、「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

セキュリティソフトは高い物から安い物など、多くの物が販売されており、又、無料のものもあり、超初心者では何を選んで良いのかは分かりません。上級者やプロでも選定基準は曖昧です。従い、お奨めの物などは実際にはありません。
導入の際は、機能を目安とするのが良いと思います。しかし、例えば迷惑メールのブロック機能が強い物が良いという希望の場合、100%迷惑メールをブロックすることは不可能で、ブロック機能を強化すると一般のメールもブロックされてしまう事などもあります。ウイルスやスパイウェアのブロック機能が強力な事は良いことですが、セキュリティを高めるためにパソコンの動作が重くなるといった弊害も生じる事があります。しかしあるスパイウェアでは低い機能のもだとブロック出来ず、セキュリティソフトをインストールされているにも関わらず感染してしまうこともあります。

ウイルス対策の比較

ウイルスバスター クラウド

ウイルスバスターは古いバージョンでは重たいセキュリティーとも感じられましたが、現在の「ウイルスバスター クラウド」は重たい部分を「クラウド」で処理するためパソコンへの負荷が大幅に軽減されています。
更にWindows 8とベストマッチしパソコンを軽快使えます。リアルタイムでパソコンはウイルス等から保護されていて、その検出率が高いのも特徴と言えます。
尚、ウイルスバスター クラウドには2種類ありますが、超初心者は、「ウイルスバスター クラウド+保険&PCサポート」を選択することをお奨めします。

KINGSOFT Internet Security 2015

キングソフトの無料セキュリティソフト「Kingsoft Internet Security 2015」はウイルスから守る「Antivirus」と、パソコンを快適に使用することができる「System Defender」から成る無料のウイルス対策ソフトです。
画面右下に、2時間に1回程度小さく広告が表示されることにより、無料化を実現しています。広告収入により、有料のセキュリティソフトと同等の機能を無料で提供しています。
Kingsoft Internet Security 2015でも「クラウド」技術が採用され、古いバージョンと比較すると軽快になっています。
広告が表示されない有料版もあります。

マカフィー トータルプロテクション

マカフィーのセキュリティソフト「トータルプロテクション」はマカフィー社の高機能セキュリティソフトとして位置付けされており、ブラウザ、電子メールにある危険なリンクを特定し、アクセスすることを防ぐことができます。例えば、SNSに投稿されているリンクに危険性がある場合、クリックする前に警告を表示して保護します。
無線LAN保護機能では、ホームネットワークを管理し、不正な接続を通知し不正なアクセスを阻止します。
ファイルとフォルダーの暗号化により、パソコンを紛失したとしても、個人情報を保護することもできます。


menu

Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢