Windows 8の基本

HOME>>>アーカイブス(旧い情報)>>>Windows 8の基本

インターネット超初心者の方へWindows 8の基本

下の図はWindows 8のデスクトップ画面です。今までのWindowsとさほどの変わりはありませんが、スタートボタンが無くなっています。おそらく今までのWindowsよりもアイコンの数が少ないかもしれません。アイコンの数はパソコンのメーカーにより異なります。
画面全体の事を「デスクトップ」と呼びます。デスクトップにあるもののことを「アイコン」と呼びます。画面下にある帯の部分を「タスクバー」と呼びます。
アイコンはデスクトップないし、タスクバーに置いて起動させます。

Windows 8のデスクトップ画面

それでは、スタートボタンに相当するものは何かというと、それが「スタート画面」なのです。スタートボタンが無いとどういうことになるか、と言うと、一番の困った問題は前章で紹介したシャットダウンだと思います。また、スタートメニューからソフトを選択していた方もいるかもしれません。ドキュメントやマイ ドキュメントをそこから開いていた方もいるかもしれません。
そこで、スタートボタンに相当するものがスタート画面なのですから、スタートメニューにあったソフト等はスタート画面にある、ということになります。スタート画面に切り替えるにはキーボードの左下にあるスタートキーを押します。

スタートキー

アイコンの登録方法-タスク バーにピン留めする方法

スタートキーを押しスタート画面に切り替わりました。
ここでは、WORDをデスクトップで使えるようにしてみます。
スタート画面にあるWORDのタイルを右クリックすると、画面下の帯の部分に何か現れます。その中に「タスク バーにピン留めする」というアイコンがありますので、それをクリックして下さい。

WORD

デスクトップ画面に戻るためには、「Desktop」のタイルをクリックします。

Desktop

デスクトップ画面に戻りタスクバーを見るとWORDのアイコンが作成されています。

WORD

アイコンの登録方法-デスクトップにショートカットを作る方法

今度はデスクトップにEXCELのショートカットアイコンを作成してみます。 スタート画面にあるEXCELのタイルを右クリックすると、画面下の帯の部分に何か現れます。その中に「ファイルの場所を開く」というアイコンがありますので、それをクリックして下さい。

EXCEL

自動的にデスクトップ画面に切り替わり、「エクスプローラー」が起動します。 EXCELののショートカットを右クリックし、「送る」の場所にマウスを置くと左右どちらかに更にメニューを表示しまので、「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

ショートカットを作成

デスクトップにEXCELのアイコンが作成されています。

EXCEL


menu

Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢
[an error occurred while processing this directive]