メール設定-Windows Live Windows 7編

HOME>>>メール設定>>>Windows Live メールの設定方法 Windows 7

Windows Live メールのダウンロード及びインストール

ここではWindows 7を用いて説明します。
Windows Live メールはWindows 7には標準でインストールされていません(一部のパソコンにはインストールされています)ので、ダウンロードしてインストールする必要があります。
勿論、無料です。
尚、Windows 8のWindows Live メールの詳細な使い方はこちらのサイトで紹介しています。
Windows XPではOutlook Expressはインストール済みでした。
Windows Essentialsからダウンロードします。
今すぐダウンロードをクリック。

今すぐダウンロード

次の画面が現れたら実行、をクリック。

実行

ユーザ アカウント制御の画面が現れたら、はい、をクリック。
次の画面が現れたら、インストールする製品の選択、をクリック。

インストールする製品の選択

「インストールするプログラムの選択」を表示しますので、必要であれば、各プログラムにもチェックしますが、ここでは「メール」のみチェックしました。尚、下にある「これらのプログラムが更新されます」は環境により表示は異なります。インストールをクリック。

インストール

インストールが始まります。

インストール

完了しました、と表示したら「閉じる」をクリックします。

閉じる

Windows Live メールの設定

事前にプロバイダーから提供されているメールアカウント設定情報(異なる表現の場合もあります。プロバイダーにより表現は異なります)のような書類を手元に準備しておきます。
Windows Live メールは、スタートメニューにありますのでクリックして起動させます。

Windows Live メール

以下のように表示したら、プロバイダーメールの場合は次のように記入します。
電子メールアドレス:にはプロバイダーのメールアドレスを。
パスワード:にはプロバイダーのメールアドレスのパスワードを。パスワードを保存する、がチェックされていることを確認します。
表示名:には自分の名前を。ローマ字でも漢字でもどちらでも構いません。
入力後後、次へ、をクリック。
「手動でサーバー設定を構成する」のチェックは外れていますので、自動的な設定となります。

プロバイダーメール

次のように表示したら、完了、をクリックすると完了です。
最初、試しに自分のメールアドレス宛に送信を行い、受信出来ることを確認します。エラーが生じる場合は設定情報に不備がありますので、見直して下さい。

完了

しかし、プロバイダーにより自動的な設定が出来ない場合があります。その場合は「手動でサーバー設定を構成する」をチェックします。
以下のように表示するので、次のように記入します。
受信サーバー情報の下にあるサーバーのアドレス:にはプロバイダーのメールアカウント設定情報にある受信サーバー情報(POPサーバー)のサーバーアドレスを。
ログオンユーザー名:には一般的にはメールアドレスを。(プロバイダーにより異なりますのでメールアカウント設定情報の書類を確認して下さい)
送信サーバー情報の下にあるサーバーのアドレス:にはプロバイダーのメールアカウント設定情報にある送信サーバー情報(SMTPサーバー)のサーバーアドレスを。
ポート:25になっていますので、587に変更。(一般的にはです。プロバイダーにより異なる場合があります)
認証が必要、にチェックする。
記入後、次へ、をクリック。

メールアカウント設定


menu
Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢
[an error occurred while processing this directive]