無線LAN中継機の使い方

HOME>>>アーカイブス(旧い情報)>>>無線LAN中継機の使い方

無線LAN中継機の設定方法

無線LAN中継機とは、無線LANの電波が届かない、電波状況が良くない場合に使う機器です。但し、現在(2013年3月)無線LAN中継機として販売しているものは少なく、バッファローでは販売終了となっています。しかし、一部の機種では無線LAN中継機有りと称しているWHR-G301N/Nがありましたが、全ての無線機器と対応していないようでした。
そこで、ここでは、ハイパワー無線LAN中継機として販売されている、PCIのFFP-PKE03を使い、無線親機にはバッファローのWZR-HP-AG300Hを使って、設定方法と使い方を説明します。

準備

全ての無線LANルーターがWPSに対応しないので、ここでは手動設定を行ってみます。最初に接続先の無線LANルーターの情報を収集します。
無線親機(ここではバッファローのWZR-HP-AG300H)の画面を開きます。

WZR-HP-AG300H

「SSID」と「セキュリティキー」と「暗号鍵」を控えます。尚、FFP-PKE03は11aは対応していないので注意が必要です。

FFP-PKE03の養生シートを全て剥がします。
FFP-PKE03のLAN1ポートとパソコンのLANポートをLANケーブルで接続します。
FFP-PKE03の電源を入力します。

無線LAN中継機の設定

インターネットエクスプローラーなどのブラウザーを起動して「ex.setup」ないし、「192.168.1.251」をアドレスバーに入力します。
次の画面を表示しますので、ユーザ名に「admin」をパスワードに「password」を入力します。

192.168.1.251

次の画面を表示しますので、「セットアップウィザード」をクリックします。

セットアップウィザード

ユニバーサルリピータを選択して「次へ」をクリックします。

ユニバーサルリピータ

無線親機(ここではバッファローのWZR-HP-AG300H)のSSIDを選択して「次へ」をクリックします。

SSID

「プロファイルの追加/編集」画面を表示するので、「プロファイル名:」には任意の名前を(ここではTESTとしました)「認証方式:」と「暗号化」には無線親機の「セキュリティー」にある項目を選択し、「パスフレーズ:」には無線親機の「暗号鍵」を入力します。入力後、「次へ」をクリックします。

プロファイルの追加/編集

「LANセットアップ」画面で「適用」をクリックします。

LANセットアップ

「FFP-PKE03」が再起動します。30秒経過したらOKをクリックします。次の画面を表示し、「無線LAN」項目の「リンクステータス」が「接続済み」になっていれば無線親機と接続出来ていることが確認出来ます。

接続済み

確認

FFP-PKE03の電源を抜き、LANケーブルを外します。
FFP-PKE03を設置したい場所に持って行き電源を入力します。
次のイメージとなります。

LANセットアップ

追記:FFP-PKE03のファームウェアのバージョンを1.09にしておいた方が良いようです。


menu
Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢
[an error occurred while processing this directive]