Windows 7ノートパソコンの内蔵無線LANを使った設定方法

設定は簡単

本章ではWindows 7ノートパソコンの内蔵無線LANを使った無線LAN設定の一例を説明します。全ての無線LANルーターでこの方法が対応出来る訳ではありません。
無線LANルータはバッファローのAOSS対応WHR-HP-GNを使っています。
尚、本章では無線LANルーターの設定が完了していることを前提としています。
設定は極めて簡単です。
また、付属のエアナビゲータCDROMは使いません。
パソコンの画面の右下のタスクトレイにある無線LANのアイコンタスクトレイを確認を確認してください。無線LANのアイコンはグレーで星が付いています。


このアイコンをクリックすると下図を表示します。
アイコンをクリック

ワイヤレス ネットワーク接続をクリックします。
図のように、複数のワイヤレス ネットワーク接続を表示している場合は、一番上のワイヤレス ネットワーク接続をクリックします。
「自動的に接続する」にチェックされている事を確認して「接続」をクリックします。

「接続」をクリック

ネットワークに接続、を表示します。ルーターのボタンを押すことによっても接続できます。と書かれています。ここで行う事はパソコン側の作業ではなく、無線ルーターのセキュリティ設定ボタン(AOSSボタン)を押すことです。ランプが点滅(チカチカ)すればOKです。

セキュリティ設定ボタン(AOSSボタン)を押す
セキュリティ設定ボタン(AOSSボタン)

以上の操作でWindows 7の無線LAN設定は完了です。パソコンの画面の右下のタスクトレイにある無線LANのアイコンを確認してください。無線LANのアイコンは白くなり星も消えています。尚、白い部分は無線LANの強度を表しています。5段階で図では最強の電波状態を示しています。

無線LAN設定は完了

「ルーターのボタンを押すことによっても接続できます。」と表示しないこともあります。その場合はセキュリティ キーを入力します。セキュリティ キーは無線LANルーターの背面にシールが貼ってあり、そこに記述されている場合が多いようです。別紙になっている事もあるようです。
SSIDは複数ありますので、セキュリティ キーとSSIDを紐付かせる必要があります。