Outlook ExpressからWindows Live メールへの移行

HOME>>>メール設定>>>Outlook ExpressからWindows Live メールへの移行

Outlook Expressからメールデータをコピーする

サポートが終了したWindows XPのOutlook Expressのメールデータやアドレス帳を、Windows 7やWindows 8のWindows Live メールに移行させたい、と考える方は多いと思います。
ここではWindows XPのOutlook ExpressからWindows 7のWindows Live メールへのデータの移行方法について説明します。
ここでの移行先の説明や図はWindows 7になっていますが、若干異なりますがWindows 8での作業もほぼ同様です。

メールデータ本体のコピー

最初にUSBメモリを準備しておきます。
Outlook Expressを起動させ、ツール→オプション、メンテナンスタブをクリック→保存フォルダをクリックすると、保存場所を表示します。

保存場所

ここの場所の実際は次の場所となります。
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Identities\{GUID}(数字とアルファベットの羅列)\Microsoft\Outlook Express

ユーザ名とGUIDはパソコンにより異なります。

対象のフォルダとファイルは隠されていて表示出来ないため、その属性を解除する必要があります。
マイコンピュータを開き、ツール→フォルダオプションから表示タブをクリックします。
ファイルとフォルダの表示、で、すべてのファイルとフォルダを表示する、を選びます。

すべてのファイルとフォルダを表示

マイコンピュータからそこまでのフォルダを開いてみます。

フォルダ

USBメモリにこのフォルダのファイルを全てコピーします。

アドレス帳のデータをコピーする

アドレス帳のデータをコピーします。次にアドレス帳のデータは次の場所となります。
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Address Book

マイコンピュータからそこまでのフォルダを開いてみます。

フォルダ

USBメモリにこのフォルダのファイルをコピーします。

アカウント情報をコピーする

アカウント情報をコピーします。

Outlook Expressを起動させ、ツール→アカウントからメールタブをクリックします。
コピーしたいアカウントをクリックして、エクスポートをクリックします。

エクスポート

任意のフォルダに保存します。(どこでも構いません。分かり易いところに))

フォルダに保存

以上でOutlook Expressから必要なメールデータの抽出は完了です。
Windows Live メール Windows 7のWindows Live メールのダウンロード及びインストール、を参照の上、Windows Live メールをインストールして下さい。

Windows Live メールにメールデータを移す

メールデータ本体のインポート

インストール後、Windows Live メールを起動させ次の画面を表示したら、キャンセルをクリック。

Windows Live メールを起動

USBメモリーにコピーしてあるメールデータを、Windows 7のパソコンのハードディスクに任意のフォルダを作成してコピーする。

任意のフォルダ

Windows Live メールを起動し、画面左上にある小さい▼をクリックし、メッセージのインポート、をクリックする。

メッセージのインポート

インポート元の電子メールの形式を選択してください、でMicrosoft Outlook Express 6、をクリックして選択、次へをクリック。

電子メールの形式

インポートするメッセージの場所を選択してください、で参照、をクリックし先ほどメールデータをコピーしたフォルダを選択して、OKをクリック。
次へ、をクリック。

インポートするメッセージの場所

すべてのフォルダーが選択されていることを確認して、次へ、クリック。

すべてのフォルダーが選択

次のように表示すると正常にメールデータはインポートされました。完了をクリックして終わらせます。

インポート

保存フォルダーのごみ箱の下に「インポートされたフォルダー」が出来たことが確認出来ます。

インポートされたフォルダー

「インポートされたフォルダー」の左側にある小さい三角をクリックすると「ローカルフォルダ」が現れます。

ローカルフォルダ

さらに「ローカルフォルダ」の左側にある小さい三角をクリックするとOutlook Expressのメールデータが現れます。

メールデータ

アドレス帳のデータのインポート

Windows Live メールの左下にあるリストから「アドレス帳」をクリック。

アドレス帳

メニューのインポートをクリックし、Windowsアドレス帳(.WAB)をクリック。

Windowsアドレス帳

先ほどアドレス帳のデータをコピーしたフォルダを選択して、.WABファイルをクリックして、開く、をクリック。

WABファイル

インポートが完了しましたという画面を表示します。OKをクリックすると完了です。

インポートが完了

アカウント情報のインポート

Windows Live メール画面左上の▼をクリックします。下にメニューが表示されますので、オプションにマウスを乗せます。更にメニューを表示しますので、電子メールアカウント、をクリックします。

電子メールアカウント

インポートをクリックします。

インポート

.iafというファイルを選択し、開くをクリック。

iaf

アカウント情報の設定は完了しました。

設定は完了

最後に

現状では、Outlook Expressのメールデータは、「保存フォルダー」→「インポートされたフォルダー」→「ローカルフォルダ」にあるため、「ローカルフォルダ」の受信トレイや送信トレイにあるメールを、設定したアカウントの受信トレイや送信トレイにコピーすればOutlook Expressと同じ状態で利用出来ます。更に、「インポートされたフォルダー」が邪魔であれば、「インポートされたフォルダー」を右クリックして削除することが出来ます。

最後に


menu
Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢
[an error occurred while processing this directive]