Windows XPのWindows Live メールからWindows 7のWindows Live メールへのデータの移行方法

HOME>>>メール設定>>>XPのWindows Live メールから7のWindows Live メールへのデータの移行

Windows XPでWindows Live メールのデータ保存する方法

サポートが終了したWindows XPのメールデータを新しいパソコンに移行させたいという要望は多いと思います。
ここでは既にWindows XPでWindows Live メールを使っていて、そのデータをWindows 7のWindows Live メールへ移行する方法について説明します。
要点を押さえていればさほど難しいものではありません。Windows8での作業も概ね同様です。

メールの保存

今回はメールの保存先は外付けのハードディスクとしてみました。
まずは、外付けのハードディスクに任意のフォルダーを作成しておきます。ここではEドライブに「maildata」というフォルダを作成しました。

メールの保存先

Windows XPのWindows Live メール起動させ、ファイル→エクスポート→メッセージ、をクリックします。

メッセージ

「Microsoft Windows Live メール」をクリックし「次へ」 をクリックします。

メッセージ

「参照」をクリックをし、電子メールをエクスポートする場所を選択してください。でEドライブの「maildata」をクリックしOKをクリックします。

エクスポートする場所

E:\maildataになっていることを確認し次へ、をクリックします。

次へ

すべてのフォルダーを選択し、次へをクリックします。

次へ

次の画面表示するとエクスポートは成功です。メールの保存は完了でOKをクリックします。

エクスポートは成功

アドレス帳の保存

Windows Live メール画面の左下にあるアドレス帳をクリックしてWindows Live Contactsを起動させます。

Windows Live Contacts

ファイル→エクスポート→カンマ区切り(CSV)をクリックします。

CSV

エクスポート先のファイル名で参照をクリックし、先程のE:\maildataを選択し、任意のファイル名を記入します。ここではaddressとしてみました。ファイルの種類がCSV (カンマ区切り)になっていることを確認して保存をクリックします。

CSV

次へ、クリックするとエクスポートするフィールドを選択してください、と表示するので、全ての項目にチェックして完了をクリックします。

全ての項目にチェック

次の画面を表示し、アドレス帳の保存が終わると消えます。これでアドレス帳の保存は完了です。

アドレス帳の保存は完了

アカウント設定の保存

Windows Live メールに複数のアカウントを設定している場合、再設定するのは面倒だと思います。Windows Live メールではアカウント設定も移行させることが出来ます。但し、まとめての移行が出来ないのが残念なところです。

Windows XPのWindows Live メール起動させ、ファイル→エクスポート→アカウント、をクリックします。

アカウント

移行したいメールアカウントをクリックしエクスポートをクリックします。

エクスポート

保存をクリックします。複数のアカウントがある場合は繰り返します。

エクスポート


Windows 7でWindows Live メールのデータ復元方法

アカウント設定の復元

Windows XPのパソコンから外付けハードディスクを外して、Windows 7のパソコンに取り付けます。
Windows 7でWindows Live メールを起動させます。「Microsoftの使用条件」が表示した場合は、「承諾」をクリック、「電子メールアカウントを追加」と表示した場合は、キャンセルをクリックします。
Windows 7では最初にアカウント設定を復元させます。
左上の小さい▽をクリックし、オプションをクリック、電子メールアカウント、をクリックします。

電子メールアカウント

インポートをクリック。

インポート

ファイル名の最後が 「iaf」 というファイルが、アカウント設定のファイルなので、「開く」をクリックします。

アカウント設定のファイル

アカウントが復元しました。

アカウントが復元

複数のアカウントを復元する場合は、インポートをクリックして繰り返します。アカウント設定の復元が完了したら。閉じる、をクリックします。

メールの復元

左上の小さい▽をクリックし、メッセージのインポート、をクリックします。

メッセージのインポート

Windows Live メールをクリックして、次へ、をクリックします。

メッセージのインポート

参照、をクリックしてから、コンピューターをクリックし、外付けのハードディスク(ここではローカルディスクE:)をクリックします。XPで保存したメールデータの保存先であるmaildataをクリックして、OKをクリックします。

参照

次へ、をクリックします。

次へ

すべてのフォルダーが選択されていることを確認して、次へ、クリックします。

次へ

完了、をクリックします。

完了

インポートされたフォルダーをクリックし、受信トレイにあるXPにあったメールのデータを確認します。
インポートされたフォルダーにあるメールデータを、使用するアカウントの受信トレイに移動させます。移動させたいメールを選択し、(全て選択したい場合はctlキーを押しながらAキーを押します)メッセージの移動、をクリックします。

ctlキーを押しながらAキーを押します

受信トレイ、をクリックしOKをクリックします。

受信トレイ

インポートされたフォルダーにあったメールデータが、受信トレイに移動していることを確認します。
空になったインポートされたフォルダーが目障りであれば、右クリックして削除することも出来ます。

アドレス帳の復元

アドレス帳をクリックします。

アドレス帳をクリック

インポートをクリック、カンマ区切り(CSV)をクリックします。

CSV

参照、をクリックして、コンピューターをクリックして外付けのハードディスク(ここではローカルディスクE:)をクリックし、XPで保存したメールデータの保存先であるmaildataをクリックして、address.csvを選択し、開く、をクリックします。

CSV

次の画面で、次へ、をクリックし、次の画面で、完了、をクリックします。

完了

アドレス帳が復元したことを確認します。これでメールデータの移行、アカウント設定の移行、アドレス帳の移行は完了です。お疲れ様でした。

完了


menu
Copyright © 2007- internet-ex-plorer.com All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢
[an error occurred while processing this directive]